住宅の賃貸vs購入を住居費・ローン返済額で比較

賃貸がお得ではあるけど…

https://allabout.co.jp/gm/gc/478315/

All Aboutで記事をアップしました。

家族の構成や生活スタイルの変化に応じて、その都度賃貸物件に住み替えていくのが経済的には良さそうという結果になりました。

しかし、お金の面だけでも、購入の場合、戸建はローン返済が終わるころに数十年後に大きな修繕費用がかかること、マンションは管理費と修繕積立金が自分たちだけではコントロールできないこと、住宅ローンを変動金利で借りている場合は金利が上昇するかもしれないこと(少なくとも今の金利水準より下がることはない)、賃貸物件は同じ賃料水準で入居し続けられるかが読めないこと、収入のない老後は入居審査が厳しくなることなど、ぱっと思いつくだけでもそれぞれにリスクがあります。

考え出すとキリがないのですが、比較的リスクが少ないのが賃貸なのかなと思います。購入したい気持ちが強い場合は、いくつかのパターンをシミュレーションをして、「今思いつく限りの不安はないな」、あるいは「最悪の事態が起こってもなんとかなるな」、と思えれば”買い”で良いと思います。

買うという結論ありきでシミュレーションすると、甘く見積もって意味がなくなるので、不動産屋さん以外の人、できれば専門家に診てもらうのがいいかもしれませんね。

決断した後も状況に合わせて変化していけばいいと思います。売れない物件に手を出してしまうと身動き取れなくなるので、その見極めだけは重要です。

決断したら、お金に捉われることなく幸せな生活を送ることに全力を注いでもらいたいと思います。

https://allabout.co.jp/gm/gc/478315/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする