不動産の類型をイラストで解説

不動産の類型とは

不動産の類型とは、利用の仕方や権利関係によって分けられる不動産の分類のことです。

宅地は、更地、建付地、借地権、底地、区分地上権等に
建物とその敷地は、自用の建物及びその敷地、貸家及びその敷地、
借地権付建物、区分所有建物・その敷地等に分けられます。

これらは不動産の価値や評価額に影響するので重要です。

<今日から使えるファイナンシャルプランナー講座>では、あーこんな権利があるのだな、と知っておいてもらえたらよいと思います。

不動産の類型をイラストで整理

イラストを使って不動産の類型を説明してみました。

借地権や地上権など不動産の分類をイラストで解説

更地

建付地:自用の建物を建てた土地が建付地

底地:他人に貸した土地、底地の上に借地

借地権:工作物や竹木を所有する目的で土地を借りること

賃借権(債権)+地上権(物権)

区分地上権:空中や地下の地上権(地下鉄など)

区分所有建物およびその敷地

マンションの専有部分・共用部分+敷地利用権

(分けて売ったり買ったり譲ったりができない)

不動産の類型ではありませんが、字面が似ている地役権、さらには地役権と似ている権利の囲繞地通行権についても記載しています。

FP技能検定の不動産分野の全体像

FP講座TOPへ戻る

進む 不動産(土地)の価格4つの種類

スポンサードリンク




スポンサードリンク
1




フォローする

スポンサードリンク
1