家計のバランスシートをエクセルで作る

家計のバランスシートとは

家計のバランスシートとは、ある時点での財産、負債(ローンなどの借入金)、そして純資産を表すものです。企業の決算書の1つであるバランスシート(日本語では、貸借対照表と言います)を家計版に作り替えたものです。

バランスシートは、Balance Sheetと書きますので、略してB/S(ビーエス)と読ばれます。

家計のバランスシートを作る目的

このバランスシートを作る目的は次の2つです。

➀今、財産はお金にするといくらくらいあるかを把握するため

➁家計の財政状況が健全かどうかをチェックするため

記入要領と分析方法を説明します。

資産の記入

資産(財産)の欄に、その種類の名前(「現金」、「預金」、「株式」・・・・)を書き出し、それぞれの金額を記入します。

金額は、「今」(売った場合)の金額です。これを時価と言います。

例えば、株式や投資信託などは、今日の株価や基準価格を時価として記入します。

年金については、確定拠出年金の残高、企業年金や退職金の見込額などわかるで記入。
公的年金は記入しないで良いです。

その他の資産については、無形資産など(上記以外あれば)を記入してください。

無形資産の評価

無形資産には色々とありますが、主に人(自分や家族)への投資を想定しています。

ビジネス書を購入したり、資格を取得したりといった直接収入に直結するような費用や
飲食代(接待交際費)も娯楽費も本人の活かし方次第で将来の財産になり得る支出です。

あまり拡大解釈して、支出の多くが資産になると、正しい家計健全度がわからなくなってしまいます。
無形資産は0円でも問題ありません。よくわからない・意味不明の場合は、0円にしてください。

負債(借入金)の記入

あらゆる借金を記入します。借入した金額ではなくて、記入時点の残高を書いてください。

ローン種類は、以下のように分類しています。
住宅ローン
自動車ローン
教育ローン
カードローン
その他借入金・未払金

家計バランスシートの確認方法

作成したバランスシートの確認方法、つまり家計が健全かどうかをチェックしていきます。

まず確認することは、純資産がプラスであることです。
純資産とは、資産から負債(借金など)を引いた実質財産の金額のことです。
純資産がプラスということは、今すぐに資産を現金に換えて全ての借金を返済したとしても、いくらかの財産が残るということです。

もう1つの確認方法は、時間をずらして結果を確認するということです。
定期的に財産状況を追加していき、その変化を確認します。着実に成長しているか、あるいは悪化しているのかを確認します。

家計の財産残高表の出力方法

1.入力シートに財産状況を入力します。
各項目の合計金額欄に金額を入力すると、結果がグラフで表示されます。
各項目の合計欄は自動計算ではありません。

2.結果をグラフで表示します。

3.3ヵ月~1年に1度、資産状況を更新してください。

4.純資産を「純資産推移表」シートにも転記してください。

5.印刷して保存してください。

以下のURLをクリックすれば無料でダウンロードしていただけます。

サンプルのPDFはこちら
家計バランスシート(記入見本)
エクセルのダウンロードはこちら
家計のバランスシートエクセル版

スポンサードリンク




スポンサードリンク
1




フォローする

スポンサードリンク
1