在職老齢年金、働くと年金はいくら減る?<公的年金➄>

在職老齢年金とは

60歳を超えて厚生年金に加入しながら老齢厚生年金を受給すると在職老齢年金に該当し、年金の基本月額と総報酬月額相当額の合計額が一定額を超えると、年金の全部または一部が止められる仕組みです。

FP技能検定試験対策としては、28万円と47万円のボーダーラインと支給停止額の計算ができれば十分ですが、実際の年金受給予定で60歳以上も仕事を続ける場合は、どういう選択肢があるのかを調べて、最良の選択は何かを吟味する必要があります。

基本月額と総報酬月額相当額の意味は、次のとおりです。

基本月額 : 1年のすべての老齢厚生年金額を12で割った金額
総報酬月額相当額 : 毎月の給料+ (1年分のボーナス÷12)

一定額というのは、28万円47万円です。

【60歳から64歳の在職老齢年金】

基本額と総報酬月額相当額の合計が28万円以下であれば、全額支給です。
28万円を超えると、全部あるいは一部の支給が止まります。

さらに高年齢雇用継続給付を受ける場合、在職老齢年金の年金停止とは別に、年金の一部(標準報酬月額の0.18%~6%)が止まります。

【65歳以上の在職老齢年金】

47万円以下であれば、全額支給。
47万円を超えると、全部あるいは一部の支給が止まります。

支給停止額

支給停止額の計算方法は次の図の通りです。

在職老齢年金の支給停止額の計算方法

在職老齢年金の支給停止額と年金支給額の計算例

最後に計算例を載せておきます。

【60歳-64歳の場合】

Aさん

老齢厚生年金240万円[基本月額20万円] ≦ 28万円

総報酬月額相当額35万円[標準報酬月額30万円、賞与60万円(月額5万円)]≦ 47万円

支給停止額は、(20万円 + 35万円 -28万円)× 1/2 × 12ヵ月 =162万円(月13.5万円

年金支給額は、240万円 -162万円 = 78万円(月6.5万円))となる。

Bさん

老齢厚生年金360万円[基本月額30万円 > 28万円

総報酬月額相当額35万円[標準報酬月額30万円、賞与60万円(月額5万円)]≦ 47万円

支給停止額は、35万円 × 1/2 × 12ヵ月 =210万円(月17.5万円

年金支給額は、360万円 -210万円 = 150万円(月12.5万円)となる。

【65歳以上の場合】

Cさん

老齢厚生年金360万円[基本月額30万円

総報酬月額相当額35万円[標準報酬月額30万円、賞与60万円(月額5万円)]

基本月額 30万円 + 総報酬月額相当額 35万円 > 47万円

支給停止額は、(30万円 + 35万円 - 47万円)× 1/2 × 12ヵ月 = 108万円(月9万円

年金支給額は、360万円 -108万円 = 252万円(月21万円)となる。

戻る 厚生年金の繰り上げと繰り下げ受給はどちらが得か<公的年金➃’>

進む 離婚した時の厚生年金の分割

FP講座TOPへ戻る

スポンサードリンク




スポンサードリンク
1




フォローする

スポンサードリンク
1