FP技能検定で学べる不動産のこと(全体図)

FP技能検定で学べる不動産のこと(全体図)

FP技能検定で学べる不動産分野の全体像を図にまとめました。

FP技能検定の不動産の分野は、かなり広いですが、学科では、10/60問、実技(資産相談業務の場合)で大問1つ出題されるだけ(ライフプラン、相続で不動産関連の出題はあり)です。

まず全体像を把握して、

「こんなことが学べるのか!楽しみだなー!」

と嘘でもいいので自分の気持ちを上げることが、

理解を早め、深めるコツです。

FP技能検定で学べる不動産の知識の全体像

<関連のページ>

不動産の類型とは 不動産の類型とは、利用の仕方や権利関係によって分けられる不動産の分類のことです。 宅地は、更地、建付地、借地権、底...
不動産(土地)の4つの価格 土地の価格には、公的機関が決める4つの価格と実勢価格の計5つがあります。 4つの価格とは、 「公示地価」、...
不動産の鑑定評価方法 不動産鑑定は、不動産の価値を判定し価額を示すことです。評価方法には、原価法、取引事例比較法、収益還元法の3つがあり、...

FP講座TOPへ戻る

次へ進む 不動産の類型をイラストで解説

スポンサードリンク




スポンサードリンク
1




フォローする

スポンサードリンク
1