住宅ローンの返済計画<住宅資金計画➂>

住宅ローンの返済方法

住宅ローンの返済方法には、元利均等返済元金均等返済があります。

返済額(元金と利息の合計)を一定にするか、元金を一定にするかの違いです。

住宅ローンの元利均等返済と元金均等返済の違い

元利均等返済

返済額(元金と利息の合計)を一定にするため、返済期間前半の利息負担が大きく元金の減りが遅くなるため、全期間の総返済額(元利合計)は、元金均等返済と比べて高くなります。

元金均等返済

返済額のうち元金部分を一定にするため、返済期間当初の利息を含めた返済額は、元利均等返済と比べて高くなります。

毎回の返済額は減っていくことになります。

まとめ

元利均等返済の方が全期間の返済総額は多いが、元金均等返済は、前半の返済負担が重い

変動金利と固定金利選択型

返済計画を立てる時には、今後金利が変動することになる変動金利と固定金利選択型には注意が必要です。特徴を理解した上で変化量がどれくらいになるのかを頭に入れておきましょう。

変動金利型の金利の見直し

通常4月、10月の年2回

返済額の変更

➀返済額の変更は5年に1回、残債に応じて変更(増加)

➁増加率は25%(変更前の1.25倍)が上限

住宅ローンの借り換えと繰上返済

住宅ローンの借換え

住宅ローンの借換えとは、新しいローンを借り入れ、今まで借りていた住宅ローンを一括返済することです。

住宅ローンの借換を行った方が得するかどうかのポイントは次の通りです。

◆次の3つの目安を超えていると借換えの効果があると言われます。

「金利差1%以上」…1%以上金利が下がること

「住宅ローン残高1,000万円以上」

「返済期間が10年以上あること」

新たなコストが発生するので、差し引きで検討する必要があります。

◇保証料、融資手数料、登録免許税(抵当権抹消・設定)等のコストが発生

◇団信保険に加入しなおす(健康状態により加入できない場合あり)

繰上返済

住宅ローンの繰上返済とは、住宅ローンの一部または全部を返済することです。

返済期間を短縮するタイプと、毎月の返済額を減らすタイプがあります。

同じ条件で繰上返済を行うと、返済期間短縮したほうが、毎月の返済額を減らすより、繰上返済の効果は大きくなります。

元利均等返済か元金均等返済かでも効果は変わってきますし、ローンの残り期間によっても繰り上げ返済の効果は変わります。

<関連記事>

以前allaboutで、繰上返済の効果を検証した記事を書いたので、リンクを貼っておきます。

「住宅ローン繰上返済の効果を大きくする!お得な返し方」

前に戻る 住宅ローンの種類<住宅取得の資金計画➁>

FP講座TOPへ戻る

次へ進む 教育資金計画

スポンサードリンク




スポンサードリンク
1




フォローする

スポンサードリンク
1