リスクマネジメントと保険

リスクマネジメントとは

リスクマネジメントとは、リスクを組織的に管理(マネジメント)し、損失等の回避又は低減を図るプロセスのこと
出典:経済産業省https://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/H28/h28/html/b2_4_1_4.html

そして、リスクマネジメント(リスク管理、危機管理)は次のような手順で行われます。
〔1〕リスクの発見及び特定
〔2〕リスクの算定・リスクの評価
〔3〕リスク対策の選択と実施
〔4〕リスクとリスク対策の見直し

家庭の場合

家庭でリスクマネジメントを行うならば次のようになります。

〔1〕リスクの発見及び特定

損失が出そうなのは、どんな時?
例えば、地震、台風、交通事故、新型コロナウイルスなどの感染症など。

〔2〕リスクの算定・リスクの評価

損失はどれくらいか?
治療代、修理代、買い替えなどの他にも、
収入が減ったり、無くなったりしたときにどうなるのかも考える。

〔3〕リスク対策の選択と実施

回避したり、軽減する方法はある?

リスク対策の手法には次のようなものがあります。

リスク・コントロール回避
損失防止・削減
分離・分散
リスク・ファイナンシング移転
保有

住まいに対する台風というリスクを例に対策を考えてみました。

回避:台風の来ない(来たことのない)地域へ引っ越す

損失防止・削減:補強工事をする、防風林・壁を作る

分離・分散:セカンドハウスを持つ

移転:保険に入る

保有:生活防衛資金(貯金)で何とかなるから特になにもしない

人生には様々なリスクがありますが、すべてのリスクに保険で備えると保険貧乏になります。まずは、上記のように対策をよく考えたあとに保険に目を向けるべきです。

社会保険があることも忘れずに。

年収の数倍の損失が出るようなリスクにだけ保険で備えて、年収1年分程度の損失なら生活防衛資金(貯蓄)で充分です。

FP講座TOPへ戻る

次へ進む 生命保険と損害保険の商品別にみる全体像

スポンサードリンク




スポンサードリンク
1




フォローする

スポンサードリンク
1