新型コロナ前後の不動産価格・取引数の変化<福岡県、福岡市、北九州市編>

新型コロナ前後の不動産価格・取引数の変化

不動産取引に対する新型コロナの影響、最近の相場感を得るために、宅地(建物付きも含む)の取引数と㎡単価平均の2016年~2020年第2四半期(9月)までの動きをグラフにしました。

先日の福岡市の取引数や㎡単価は中古マンションのデータでしたが、今回は宅地(建物付きもあれば更地も混在)のデータを使っています。

データの出典は、国土交通省の土地総合情報システムです。(https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet)

福岡県の宅地の取引数と㎡単価

福岡市の不動産価格はコロナ後どう変化したかを分析。福岡県不動産取引件数と㎡単価平均の推移(2016年~2020年第3四半期)

福岡県不動産取引件数と㎡単価平均の推移(2016年~2020年第2四半期)

 

福岡市の宅地の取引件数と㎡単価

北九州市の宅地の取引件数と㎡単価

 

福岡市・北九州を除く市町村の取引数と㎡単価

まとめ

簡単なまとめではありますが、福岡県全体としては、取引数・平均価格とも減少。

福岡市は取引数は7割減も、価格は上昇。件数7割近い減少はかなり大きな影響が出ています。但し、取引されている単価は下がっていません。

福岡市を除く市町村は、福岡ほど件数の落ち込みはないが、取引価格は落ち込んでいるようです。

 

タイトルとURLをコピーしました