所得控除とは

カンギのマネー講座タックス(税金)プランニング

所得控除とは

所得税の計算は次のような流れで行われる。収入から必要経費を差し引いた所得金額から控除されるのが『所得控除』。所得控除後の所得が課税所得金額で、これに税率を掛けると基準となる所得税が算出される。(基準)所得税から直接控除されるものは、税額控除。

所得税の計算の流れ

「所得税のしくみと計算方法」より

給与をもらっている人の「給与所得控除」は、名前に所得控除が入っているが、ここのテーマである所得控除の1つではなく、総収入から差し引かれるもので、上図①の必要経費と同じ役割になる。

※給与所得控除後の所得金額は国税庁のHPで計算できる

No.1410 給与所得控除|国税庁

15種類の所得控除

15種類の所得控除をできるかぎり簡単に一覧にまとめた。

所得控除の種類概要(対象の人)控除額
基礎控除所得が2,500万円未満の人0円(所得2,500万円超)~

48万円(所得2,400万円以下)

扶養控除扶養対象親族がいる人

…同一生計、所得48万円以下(給与収入のみの場合103万円以下)など

一般の控除対象扶養親族:38万円

特定扶養親族:63万円

老人扶養親族:同居58万円、同居以外48万円

配偶者特別控除本人所得1,000万円以下、配偶者48万円超133万円未満で受けられる1万円~38万円

(本人合計所得900万円以下、配偶者48万円超95万円以下のとき最大)

配偶者控除本人所得900万以下で配偶者48万円以下なら控除額は38万円、配偶者70歳以上なら48万円一般:13万円~38万円

70歳以上(12/31時点):16万円~48万円

勤労学生控除学生で給与所得あり

合計所得金額75万円以下

27万円
ひとり親控除年末時点でひとり親。合計所得は500万円以下。

子は他の人の配偶者や扶養親族でなく所得48万円以下で該当。

35万円
寡婦控除年末時点で寡婦(子がいればひとり親)

夫と離婚後、扶養親族無し・内縁夫あり・所得500万円超は該当しない。

27万円
障害者控除本人、配偶者、扶養親族が障害者障害者:27万円、特別障害者40万円

同居特別障害者:75万円

寄附金控除国や地方公共団体などに寄附をした人(ふるさと納税はこれ)①寄付金の合計、②総所得金額×40%

(①・②どちらか低い金額)-2,000円 =控除額

地震保険料控除地震保険料を支払った人年間保険料5万円以下:全額

年間保険料5万円超:50,000円

生命保険料控除生命保険料、介護医療保険料または個人年金保険料を支払った人所定の方法で計算した金額:最高12万円
小規模企業共済等

掛金控除

次の掛金を支払った人

①小規模企業共済、②確定拠出年金(個人型はiDeCo)③心身障害者扶養共済

掛金全額
社会保険料控除社会保険料を支払った人

本人分と生計同一の配偶者や親族等の負担すべき社会保険料

支払った・差し引かれた社会保険料の金額全額
医療費控除本人や生計同一の配偶者・親族のために医療費を支払った人(支払った医療費の合計額-保険金・給付金等の金額)-10万円
雑損控除災害、盗難もしくは横領で損害を受けた人①、②どちらか多い方

①(損害金額+災害等関連支出の金額-保険金等額)-(総所得金額等)×10%

②(災害関連支出の金額-保険金等の額)-5万円

出典:国税庁「所得控除のあらまし

 

咸宜フィナンシャルアドバイザーズ
タイトルとURLをコピーしました