お住まいを売る前・買う前には「住まいの健康診断」を受けましょう!

お住まいを売る前・買う前には「住まいの健康診断」を受けましょう!

Category : 不動産関連

Pocket

 

2017-06-07更新

「住まいの健康診断」

中古住宅を売る前、買う前に住まいの専門家に建物の状態を診断してもらいませんか?

「売主のメリット」      

1.建物の状態がわかる

2.成約しやすくなる(中古物件への不安を減らすことができます!)

3.取引後のトラブルが減る

「買主のメリット」

1.建物の状態がわかる

2.計画的にメンテナンスできる⇒希望される方はリフォームプランの作成を依頼できます無料

3.住宅ローンの優遇を受けられる

4.リノベーション補助金を受けられる

基本料金は、54,000円ですが、実質負担は、13,500円!(戸建の場合)

 

理由は、福岡県と全日本不動産協会(または宅建協会)の補助があるから。※県の補助は、予算に制限があるのでお早めに。

 

検査内容など詳しくは、以下に記載の内容・URLをご確認ください。

 

概要

売却(購入)予定の中古住宅に対して、住まいの専門家※が建物検査を行い、建物の状態を明らかにするものです。

建物の状態が明らかになることで、売主・買主双方に様々なメリットがあり、中古住宅の取引が円滑に進められます。

検査内容

目視及び計測により建物の状態を検査します。

【一戸建て住宅】

 構造(※1)、雨漏り、設備配管等全27項目について、床下や小屋裏(※2)までチェックを行います。

  ※1 耐震性能に関する検査は除きます。耐震診断はオプションで検査を行うことができます。

  ※2 点検口が無い小屋裏及び床下部分及び隠ぺいされた部分については検査を行うことができません。

      小屋裏、床下への進入調査はオプションで検査を行うことができます。

  

【共同住宅】(分譲マンション専有・専用使用部分)

 構造(※1)、雨漏り、設備配管等全16項目

  ※1 耐震性能に関する検査は除きます。

  

詳細は、こちら

パンフレットは、こちら

料金について

基本診断料金
□一戸建て住宅・・54,000円(税込) □共同住宅(分譲マンション)・・32,400円(税込)

当社を通じてお申込みいただくと、県・不動産協会から最大3/4の補助が受けられます(その場合の自己負担は1/4=13,500円

さらに当社仲介のご成約で、診断料の自己負担相当額を仲介手数料からお値引きします。

(公社)全日本不動産協会福岡県本部に属する当社でお申込みいただくと一定の補助を受けて減額料金でご利用いただけます。

減額後の料金表はこちら 平成29年度住まいの健康診断料金表

※基本診断部分は、福岡県、(公社)福岡県宅地建物取引業協会及び(公社)全日本不動産協会による補助があるため、ご利用者の負担額が軽減されます。

※県の予算には上限があります。先着順に受付し募集枠(300戸予定)に達し次第、受付終了となります。

トップページへ


Leave a Reply