経営力向上計画の作成と手続きをやってみました

経営力向上計画の作成と手続きをやってみました

Pocket

経営力向上計画の申請手続き

IMG_25732016年7月1日からはじまった経営力強化法に基づく経営力向上計画の認定。
福岡県よろず支援拠点で経営力向上計画認定セミナーの
講師を務めているのに自社では出していないのは示しが
つかないということで、咸宜ファイナンシャル・アドバイザーズ
として経営力向上計画を作成し、九州経済産業局へ計画の提出したときの記録です。

 

経営力向上計画とは何か。

経営力向上計画とは、事業分野ごとの指針に沿って
経営力を高める計画を立てようというもの。
国が認定してくれます。
経営力の指標の代表は、労働生産性です。
1人当りの付加価値で、営業利益に人件費と減価償却を足し戻したものです。
要は、人が減ることを見据え、しっかりと生産性を高めて
利益を落とさないように!という計画です。

経営力向上計画の特徴や特典

・画書の様式は、A4サイズ2枚だけとお手軽。
・要件を満たせば、固定資産税(償却資産)の軽減
(3年間、固定資産税が2分の1)が受けられる
・金融支援や税制支援※が受けられる。

※税制支援は、中小企業者等が、経営力向上計画に基づいて
設備を新規取得し、指定事業に使い始めた場合、即時償却又は税額
控除※を選択適用することができるもの。税額控除は、設備の
取得価額の10%(資本金3000万円超1億円以下の法人は7%)

・ものづくり補助金やIT導入補助金の加点項目!
※2018年3月28日現在ものづくり補助金が申請受付中です。
・持続化補助金の加点項目
※2018年3月28日現在ものづくり補助金が申請受付中です。

設備を持っていなくても,まだ取得しておらず予定だけの場合でも
認定を受けられますし、補助金の加点対象になります。
弊社は、対象となる資産は保有していません。

簡単な申請なので、是非取得しておきましょう!

申請書類

 

申請書類は、こちら⇒http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/ninteisinseisyo.html#shinseitetuduki

ここには、14の業種別記載例もあり親切です。
手引きはこちら(PDF)⇒http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/2016/160701tebiki.pdf

会社の規模と指標、目標値はどこで判定?
この資料をみるとわかりやすいです。⇒http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/2016/shishingaiyou.pdf
詳しくは、指針の全文を確認するとよいです。

14の業種以外の人は?

基本方針について

「事業分野別指針」が策定されていない事業分野については、
「基本方針」に記載されてい経営力向上の定義及び内容に関する事項と
経営力向上の実施方法に関する事項を踏まえて経営力向上計画を策定します。

基本方針概要

基本方針全文

弊社はサービス業として、基本方針から事業活動に有用な知識又は技能を有する人材の育成」で
経営力を向上させようという計画にしました。

計画書の書き方

計画書の1ページ目は、自社の事業概要と、商品サービスの市場や競合の状況、会社の現況、
経営課題を記入します。
記載する内容は、現状、課題、解決策(経営力向上計画)で
次のような組立になります。

1.直近3年~現在にかけて、会社や市場が○○な状況
(経営指標を使って数字で具体的に)、課題は、□□

2.□□の課題に対して、△△の取り組みをする、・・・分野別指針や基本方針に沿った具体的取り組み

3.結果、経営力が向上する(労働生産性が上がる) ←現在の数値と結果の数値と伸び率を書く。

伸び率は、計画期間が3年なら1%以上でOKです。5年なら2%以上となっていればOK。
当社の場合、恥ずかしながら今の数値が限りなく0に近いため、
伸び率は、3年後223%になり、目標の1%を大きく上回りました。

提出書類

申請書(4枚(記載する箇所は2ページ分))の正本と写し(同じもの2部でよい)
チェックシート、
返信用封筒(A4が入るサイズ)に切手(140円だと間違いない)
のみです

決算書も領収証もいりませんが、固定資産税や税制優遇を受ける場合には、
工業会発行の証明書(発行60日以内)が必要です。
設備取得前にメーカーを通じて取り寄せておきましょう。

提出先

提出先は、事業分野によって異なります。
弊社の場合はどの事業分野も該当しないので
九州経済産業局で、担当は、中小企業課でした。

事業分野と提出先は、手引きのに掲載されています。IMG_2570

九州経済産業局中小企業課

1階で受付カードを記入して、ゲートを通過し、7階へ。
暗くて静かで怖いですが、一番奥の部屋(→案内図写真の右下)
の閉じている扉を開けると、そこが提出場所です。受付とかはなく、普通の事務所。
付近の人に声をかけて、「経営力向上計画」の提出に来ましたと伝えると
担当の方が来てくれます。書類を渡して終了です。

余裕があれば、その場でチェックしてもらえるそうですが、
その時は申請が積みあがっていたそうで、不備があれば後日連絡するとのことでした。
当社は、提出先が近かったので持参しましたが、
郵送での提出可能です(ほとんどの事業者が郵送のようです)

経営力向上計画認定書

ちょうど1ヵ月経った頃に、提出していた返信用封筒で
認定書の表紙がくっつけられ製本された計画書が届きます。

作成:2017-01-25

更新:2018-03-29


Leave a Reply