Category Archives: ブログ

  • 0

個人情報保護方針の改定

2017年12月14日付けで当社の個人情報保護方針を改定致しましたのでお知らせいたします。下記ページに全文掲載しております。

 

 

個人情報保護方針

 


  • 0

60代から始めるマネー・ライフプランセミナー@咸宜公民館

2017-08-28

先週末、大分県日田市の咸宜公民館で「60代から始めるマネー・ライフプラン」

というテーマで講演を行いました!
 
参加者約40名中、男性は1名。
女性のバイタリティを感じました。
 
お金やこれからの人生設計について考えたり、関心を持つきっかけにしてもらいたいと思い
内容は、オリジナルの人生設計ゲームを使ってみんなで楽しく学べるようにしました。
 
61歳~80歳までの20年間で様々なイベントを乗り越え、
貯蓄残高とハッピーポイント残高を競うというもの。
 
節目ごとに、お金、社会保障、資産運用、不動産、相続、介護などの基本的な
知識や豆知識などを紹介。
 
お話の時には、みなさん真剣に聴いてくださり、
ゲームの時には、各グループわいわい盛り上がりながら取り組まれていました。
 
初めて話すテーマで、かつ手作りのゲームだったこともあり
ちゃんとゴールにたどり着けるかなぁとドキドキしながらのスタートでしたが、
公民館長や公民館のスタッフの方の助けもあり無事講演を終えることができました。
 
配付資料については、ご参加いただいた方から充実しているとの
お褒めの言葉をいただき安心しました。

 

マネー・ライフプランセミナー

Money & Lifeplan seminar

ゲームについては改善すべき点がいくつか見つかったので、
次に向けて磨きをかけたいと思います。
 
これからも参加者の皆さまに合わせて、楽しく学んでいただく講演やセミナーを
創り出していきたいと思います。
 
講演依頼常時受け付けております!
お問い合わせは、092-409-2866までお願いします。
 
最後に参加いただいた方々と
この機会をいただいた咸宜公民館の皆様に
感謝申し上げます。ありがとうございました!

  • 0

福岡へ移住したいと思ったらチェックすべきサイト

Tags :

Category : ブログ , 不動産関連

福がお~か くらし

福岡県の公式移住サイト。移住に必要な情報がまとめられています。

市町村ごとの支援制度早見表が便利。

ふくおかで農活!

福岡県の農業就活支援サイト。

 

地域おこし協力隊

農水省の交付金事業。

一定期間、地域に居住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこしの支援や、  農林水産業への従事、住民の生活支援などの「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取組
(総務省)。

移住先での仕事が心配、という方は、まず特技を活かして地域おこし協力隊員を目指してみては。

 

福岡移住計画

移住に関するサポートや情報が得られます。イベント、求人やコミュニティなどの情報がたくさん載ってます。

私も福岡へ来た時は、お友達づくりから始めました。自分に合うコミュニティやイベントに参加すると一気に輪が広がると思います。

 

移住先のお住まい探しは当社にお任せください。

私(井上)も移住で福岡へ来てるので、親身に相談のります。

TEL:092-409-2866

メール:inoue@kan-gi.com

 


  • 0

LINE@はじめました

LINE@始めました。

LINE@で不動産やお金に関する豆知識、ミニコラム、最新情報をお届けします。

 

お友達登録していただいた方には、ご優待割引あります!

お友達追加はこちらから↙

来店クーポンなどもご用意していますので

ご登録いただけると嬉しいです(*^_^*)

お友達、お知り合い、同僚にもご紹介くださいm(__)m

 


  • 0

経営力向上計画の作成と手続きをやってみました

Category : ブログ , 経営豆知識

IMG_25732016年7月1日からはじまった経営力強化法に基づく経営力向上計画の認定。

福岡県よろず支援拠点で経営力向上計画認定セミナーの講師を務めているのに

自社では出していないのは格好がつかないということで、

今週木曜日に、九州経済産業局へ計画の提出へ行ってきました。

 

経営力向上計画とは何か。

事業分野ごとの指針に沿って経営力を高める計画を立てようというもの。

★計画書の様式は、A4サイズ2枚だけとお手軽。

★要件満たせば、固定資産税(償却資産)の軽減(3年間、固定資産税が2分の1)が受けられる

★金融支援が受けられる。

+H28年補正予算のものづくり補助金の公募は終わっちゃいましたが、

ものづくり補助金の加点項目になっている!

が、特徴(メリット)です。

 

償却資産(機械設備)をたくさん持つメーカーさん以外の方にとっては

魅力を感じないかもしれませんが、

出すのは無料だし、簡単なので、制度ができたばかりの今のうちに取っておいて損はないかと思います。

ハードルが上がるかもしれませんし。(制度が無くなるかもしれませんが)。

 

弊社も、対象となる資産は保有していません。

 

申請書類

申請書類は、こちら⇒http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/ninteisinseisyo.html#shinseitetuduki

ここには、14の業種別記載例もあり親切です。

手引きはこちら(PDF)⇒http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/2016/160701tebiki.pdf

 

会社の規模と指標、目標値はどこで判定?

この資料をみるとわかりやすいです。⇒http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/2016/shishingaiyou.pdf

詳しくは、指針の全文を確認するとよいです。

 

14の業種以外の人は?


基本方針について

概要

「事業分野別指針」が策定されていない事業分野については、「基本方針」に記載されている「経営力向上の定義及び内容に関する事項」「経営力向上の実施方法に関する事項」を踏まえて経営力向上計画を策定して下さい。


とされているので、基本方針に沿った計画をたてましょう。

基本方針概要⇒http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/2016/160701kihongaiyou.pdf

基本方針全文⇒http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/2016/160701kihonkaiseigo.pdf

 

弊社はサービス業として、基本方針から事業活動に有用な知識又は技能を有する人材の育成」で

経営力を向上させようという計画にしました。

計画書の1ページ目は、自社の事業概要と、商品サービスの市場や競合の状況、会社の現況、経営課題をかきます。

 

記載する内容は、現状、課題、解決策(経営力向上計画)

で、次のような組立になりますが、(わかりづらくなっていたらすみません)。

直近3年~現在にかけて、会社や市場が〇〇な状況(←経営指標をフル活用)で、

△△な課題を抱えているから 

××や□□といった取り組みによって、←指針や基本方針に沿った具体的取り組み

経営力を向上させる(労働生産性が上がる) ←現在の数値と結果の数値と伸び率を書けばよい。

 

伸び率は、計画期間が3年なら1%以上でOKですが、当社の場合、恥ずかしながら今の数値が限りなく0に近いため、

伸び率は、3年後223%になり、目標の1%を大きく上回りました。

 

提出書類は、

申請書(4枚(記載する箇所は2ページ分))の正本と写し(同じもの2部でよい)、

チェックシート、

返信用封筒(A4が入るサイズ)に切手(140円だと間違いない)

だけです

 

提出

提出先は、事業分野によって異なりますが(複数の機関に提出)、弊社の場合はどの事業分野も該当しないので

九州経済産業局で、担当は、中小企業課です。

事業分野と提出先は、手引き22ページ以降に載っています。IMG_2570

 

1階で受付カードを記入して、ゲートを通過し、7階へ。

 

暗くて静かで怖いですが、一番奥の部屋(→案内図写真の右下)

の閉じている扉を開けると、そこが提出場所です。受付とかはなく、普通の事務所。

付近の人に声をかけて、「経営力向上計画」の提出に来ましたと伝えると

担当が来てくれます。

 

で書類を渡して終了。

余裕があれば、その場でチェックしてもらえるそうですが、

今は、申請が積みあがっているそうで、不備があれば後日連絡するとのことでした。

 

ということで、不備があれば、加筆修正します。

今日はここまで。