持ち家ありの老後資金は2千万円

持ち家ありのときの老後資金とお金が不足した時の手段

老後資金が5千万円とか7千万円とか、ひどいところでは1億円と、不安をあおる記事ばかりみかけるので、本当にそうなのかなと思い計算してみたことを生活情報サイト「AllAbout」の記事にまとめました。平均の収入・支出で計算してみると、約2千万円が不足するという結果になりました。じゃあ足りない時はどうすれば良いのか、持ち家をどうすればいいのかという点に絞って書いています。

Allaboutへのリンクです。お読みいただいたらご意見等お聞かせいただけると嬉しいです。

後資金、持ち家の人はいくら必要?計算してみました

「All About」

老後資金への不安はやめる

老後資金への不安は、はじめるとキリがありません。だから取り越し苦労はやめましょう。支出を抑えることで数十年先の世界がどうなっているかは誰にもわかりません。大事なのは、今できることはなんだろう、と全力で考え行動すること、そしてどんな状況の変化にも対応できる力を付けるべきではないでしょうか。

考える力、対応する力をつける具体的方法は、知識を付けることとお金を生む資産を作っていくこと。もちろん他にも良い方法はあるかもしれません。

知識を付けるというのは、本を読むことが一番だと思います。

本の探し方がわからない人は、
・(身近にいる)尊敬できる人におススメの本を聞いてみる
・憧れの人やすごいと思う人の書いた本や関連する本をまず読む

どちらかを試してみてください。

資産を作っていくというと、株や不動産や投資信託などを思うかもしれませんが、まず先に知識を身に付け、知識が身につくまでは預金・貯金で1円でも増やしていくということから始めてください。

不動産投資セミナー講演のお知らせ<(株)MDI主催>

2019年2月17日(日)に株式会社MDIが主催する賃貸経営講座に当社代表社員の井上が登壇します。テーマは、「~豊かな生活を築くために~不動産を活用した資産形成術」。資産形成術として、物件購入のタイミング、タイプ別シミュレーション、キャッシュフロー計算法について解説します。

ご参加方法は、株式会社MDIのホームページでご確認ください。https://www.mdi.co.jp/lp-seminar/