不動産分析・未来予測に参考になるサイトのまとめ(作成中)

不動産に関わる情報を収集する

不動産の今を知り、未来を数値で考えたいときに参考にするサイトをまとめています。
まだ全然紹介しきれていません。随時追加・修正していきます。

より良いサイトがあれば更新しますので、教えて下さい。

人(人の動き)、物(不動産)、金(金融・税金)に分けています。

人口予測

国立社会保障・人口問題研究所
http://www.ipss.go.jp/syoushika/tohkei/Mainmenu.asp

国の統計(統計局)

http://www.stat.go.jp/data/index.html

◆訪日外国人旅行客消費動向調査
http://www.mlit.go.jp/kankocho/siryou/toukei/syouhityousa.html

新型コロナウイルスの影響で今後どうなるかわかりませんが、
近年、外国人旅行客需要に地価が影響を受けています。
今後、どのような地域に人が集まるのかを予測するときに使えます。

自治体の統計

◆福岡県統計
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/dataweb/

◆福岡市統計
https://www.city.fukuoka.lg.jp/qa/shisei/toukei.html
市町村の中の地域別の年齢層別人口が使えます。

不動産

全国地価マップ

https://www.chikamap.jp/chikamap/Portal?mid=216
路線価と地価公示
参考記事:路線価の調べ方と評価額の計算方法

土地総合情報

https://www.land.mlit.go.jp/webland/
売買履歴。四半期ごと更新なので、数か月前のデータから過去のデータまで詳細見れます。色々な分析に使えます。

キャップレートマップ(株式会社ICHI)

https://www2.capratemap.com/
キャップレートを知るのに最高のツールです。
質の高いREIT物件のキャップレートを知ることで投資の中小型の建物はREIT物件と比べると質が低くキャップレートは高くなるべき(割安になる)ですが、
価格の規模が小さく個人が参入しやすく競争相手が増えるため、キャップレートはREITより下がる(割高になる)ことがあります。

SUUMO賃貸経営

https://www.suumo-onr.jp/
賃料設備相場チェッカーは、修繕の優先順位付けの参考に。

HOMES見える賃貸経営

https://toushi.homes.co.jp/owner/
ヒートマップで賃貸需要を探ることができますが、
福岡市・北九州市も含む地方都市では物件掲載している不動産会社・物件数が少ないため
注意が必要です。

カネ

日銀

https://www.boj.or.jp/
お金全体の流れと不動産業・大家業への貸出残高

金融庁

https://www.fsa.go.jp/policy/summry.html
不動産への貸出方針や金融機関への検査マニュアル廃止後の動向を探ります。

国税庁

https://www.nta.go.jp/

都市計画・ハザードマップ(福岡市)

https://webmap.city.fukuoka.lg.jp/fukuoka/G0303A
リンクは福岡市のモノです。電子化されていない市町村も多いです。
都市計画は電子化されていない場合は今まで通り、市町村役場(役所)で閲覧できます。

スポンサードリンク
1




シェアする

フォローする