クラウドファンディングとは

企業・個人事業主のためのクラウドファンディング講座➀

クラウドファンディングの仕組み

Crowd(クラウド=群衆)とFunding(ファンディング=資金調達)を掛け合わせた言葉。
インターネット上で自分自身(自社)のやりたいこと・商品・サービスを発信し、
その思いに共感を得た人たちから資金を調達する仕組み。

購入型と寄付型と金融(投資・融資)型とに分けられる。
事業者が取り組むのは、購入型。
金融型は一般の融資と比べると調達コスト・金利ともに割高。

クラウドファンディングのサイト(運営会社)は50以上存在する。

実行者(企業・個人事業主)のメリット

クラウドファンディングで資金集めのことを
クラウドファンディングサイト上では、「プロジェクト」と呼ぶ。
プロジェクトを実行する企業は、次のようなメリットがある。
◆資金調達
◆市場調査・テストマーケティング
◆PR(Public Relations)やファン作り

初期費用無しでできること。

代表的なクラウドファンディングサイト

事業者として利用しやすい大手の運営会社を列記した。

Readyfor(レディフォー)
Makuake(マクアケ)
CAMPFIRE(キャンプファイヤー)
kibidango(キビダンゴ)
A-port(エーポート)
GREEN FUNDING(グリーンファンディング)
ENjiNE(エンジン)

費用

ほとんどの会社が初期費用はゼロ、集まった資金に対して〇%という成功報酬型。
成功報酬の割合は、運営会社ごとに異なる。
別途かかる決済手数料との合計は、10~20%。

手順

目標達成しないと1円ももらえないAll OR NOTHING方式と
集まった金額が全てもらえるALL in方式があるが、
多くの運営会社が前者のみ。
以下、All OR NOTHING方式の場合の手順。

1.申込

2.審査(最後にだけ審査がある場合もあり)

3.プロジェクト作成

4.掲載・支援受付開始

5.目標達成:翌月~翌々月に手数料を引かれたお金

6.返礼品(リターン)発送

7.終了報告

新商品・新サービスを出すときには挑戦すべき

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする