iDeCo(個人型確定拠出年金)とは?メリットとデメリット

iDeCo(イデコ)とは自分で運用できる年金

個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)とは、法律に基づいて実施されている私的年金制度のことで。
個人が自分で申し込み、掛金を払い、運用方法・商品を選び、掛金とその運用益との合計額を年金として給付を受けるものです。

加入できる人の範囲・上限額が年々広がっていて、税制優遇等のメリットも多いので
老後資金のための資産形成・資産運用を行うなら無視できない制度です。

iDeCoのメリット

個人型確定拠出年金iDeCoのメリットをまとめてみました。

メリット1)掛金は所得から控除される

掛金は全額、小規模企業共済等掛金控除の対象です。所得から掛金が控除されるので、所得税や住民税を軽減します。
確定申告や年末調整で保険料控除と同じように申告します。
国税庁のホームページ→https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1135.htm

メリット2)運用益が非課税

金融商品の運用益は、課税(源泉分離課税20.315%)されますが、iDeCoの制度内で運用された利益は非課税。現金化できるわけではなく、再投資されます。

メリット3)受け取るときにも所得控除がある

受け取り方によってそれぞれ所得控除が受けられます。
一括(一時金)で受け取る場合:退職所得控除
年金で受給する場合:公的年金等控除

iDeCoのリスク

良いところだけではなく、当然リスクがあります。どのようなリスクがあるのかを知り、自分の場合に置き換えてしっかりと検討しましょう。

1.元本は保証されない

自分で運用するので、もらえる額が掛金より少なくなることもあり得えます。
元本保証はされず、自己責任ということです。

2.原則60歳まで現金化できません。

これが要注意です。掛金には上限があるので、掛けたくても全額は無理ですが、受けられるメリットや人生の計画を考慮して、現金や確定拠出年金以外の金融資産や不動産などバランスよく配分しなくてはいけません。

3.手数料に要注意

手数料は運用利回りを押し下げますので必ず確認しましょう。国民年金基金連合会、運営管理機関、事務委託先金融機関の関係者それぞれにかかる手数料があります。運用商品に投資信託を選んだ場合には、さらに信託報酬等がかかります。手数料については別途まとめます。

例えば、SBI証券で確定拠出年金に加入する場合、
加入時が、国民年金基金連合会に2,829円のみ(SBI証券は手数料なしです)
毎月の維持費は、国民年金基金連合会に105円、事務委託先金融機関に66円、合計171円かかります。SBI証券は、口座管理手数料も無料です。

確定拠出年金の掛け金は、月々5,000円から始められ、1,000円単位で上限まで自由に設定できるのですが、
仮に5,000円の掛金でSBI証券のiDeCoを始めたとします。手数料は最低水準の171円です。
5,000円に対して3.42%です。運用益がマイナス3.42%と同じことです。
掛金20,000円に対しては0.85%です。少しお高めですが何とかなりそうな手数料です。

税金が軽くなる分もあるので、全体を見て考えると良いかと思いますが
5,000円なら掛けない方がよさそうです。
さらに投資信託に投資した場合は、信託報酬などもかかってくるのでしっかりと確認してから買いましょう。

さいごに
基本的には活用すべき制度です。
うまく商品を切り替えながらその時々のいい商品、自分のリスク許容度に合った運用を行い
幸せ年金生活を目指しましょう。

スポンサードリンク
1




シェアする

フォローする

スポンサードリンク
1