所得税のしくみと計算方法

所得税の計算の流れFP技能士講座

所得税のしくみ

所得税とは、個人が1年(1月1日~12月31日)の間に得た所得に対する税金です。

所得とは、収入から必要経費などを差し引いた金額のことをいいます。

所得は10種類あります。

所得10種類

課税方法は、原則総合課税で、一部は分離課税です。

総合課税は、所得を合算した金額に課税され、申告によって納税します。

分離課税には、申告分離課税源泉分離課税があります。

申告分離課税は、他の所得とは切り離した(合算しない)所得に対して課税され、申告によって納税します。
源泉分離課税は、収入に対する一定税率の税金が、収入から天引きされされ、納税は天引きした方が行います。

所得税の計算の流れ(しくみ)

所得税の計算の流れ(しくみ)は次の図のようになっています。

所得税の計算の流れ

(1)収入から➀必要経費などを差し引き所得金額を算出します。

(2)所得金額から基礎控除や生命保険料等控除などの②所得控除を差し引き課税所得金額を算出します。

(3)課税所得金額に税率を掛け所得税額を求め、そこから➂税額控除を差し引き基準所得税額を算出します。

(4)基準所得税額からすでに納めている➃源泉徴収税額を差し引いた金額が申告納税額となります。

(5)また基準所得税額に対して、2.1%の➄復興特別所得税がかかります。申告納税額と合わせて納付します。

所得税の計算

課税所得金額に所得税の税率を掛けて計算します。所得税の税率は、所得が多いほど税率も上がる超過累進税率(5%~45%)です。

FP技能検定では所得税を求める問題が出題されますが、速算表が参考資料として掲載されています。

所得税率

所得税の速算表(出典:国税庁ホームページ:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm)

所得税の計算例1

例えば、課税所得が300万円のとき、

300万円が含まれる階層の税率は10%、控除額は97,500円ですので、

3,000,000 × 10% -97,500円と計算し、

所得税は、202,500円となります。

 

ここで出てきた控除額について説明します。

300万の税率は10%ですが、195万円以下は5%です。

195万円以下の部分を10%で計算すると、

195,000円(19万5千円)です。

しかし195万円以下は5%なので、本来は97,500円です。

195,000-97,500=97,500円 ⇐この分を取り過ぎていたので控除(差し引く)

つまり、上の階層の税率で計算して、取り過ぎの部分を取り除くのが速算表の控除額です。

所得税の計算例2

500万円の所得を例に計算してみます。

税率20%、控除額は427,500円です。

税金は、500万円×20% - 42.75万円 = 57.25万円となります。

 

控除額427,500円の内訳を確認してみましょう。

➀195万円以下の部分

20%で計算した場合=39万円

(本来)5%=9.75万円

取り過ぎ分➀=39万円-9.75万円=29.25万円

②195万超330万円以下の部分

20%で計算した場合=(330万円-195万円)×20%=27万円

本来10%=(330万円-195万円)×10%=13.5万円

取り過ぎ分②=27万円-13.5万円=13.5万円

 

取り過ぎ分➀+取り過ぎ分② = 42.75万円

速算表の控除額と一致しました。

 

まとめ

所得税の計算方法を解説しました。

この後、各所得の計算方法、所得控除や損益通算など計算過程を学習していきます。

ご自身やご家族の所得で税額の計算練習をしてみると良いでしょう。

 

タイトルとURLをコピーしました